top of page
voice_back.jpg

新しい出会いを探しに行こう!

第3回東京都GAP認証農産物
オンライン商談会&バイヤーツアー

家族や友人と食べるごはんの時間が戻ってきました。東京都GAP認証農産物とひとをつなぐ、新しい出会いや発見を見つけませんか。
公益財団法人東京都農林水産振興財団では、東京都GAP認証農産物と百貨店や高級スーパー、レストランとの出会いを応援するオンライン商談会を主催します。今回は、オンライン商談会だけでなく、バイヤーやシェフが直接生産者の皆さんを訪問しコミュニケーションを取るバイヤーツアーも同時に開催します。

昨年の商談会でもたくさんの出会いや発見がありました

出会い

voice_01.png
farmer_001.png

八丈島ばたけ
菊池 烈博 さん

(写真右)

オンライン商談会で初めてシェフにお会いして、私たちが作る『八丈フルーツレモン』にすごく興味を持ってもらえました。商談会後、気に入ってもらえすぐに取引が始まりました。発送時に枝のついた葉っぱも一緒に送ってほしいとの要望もあり、自分の仕事にとてもこだわりが強いシェフなんだと実感しました。

スクリーンショット 2023-03-06 19.20.28.png
item_1-01.png
voice_b01.png
buyer_001.JPG

サンス・エ・サヴール
料理長 鴨田 猛 さん

「今日のコース料理を一緒に作ってくれた生産者を紹介したい」という、食材と生産者への感謝の想い。多くの生産者と食材に出会うためにオンライン商談会にも参加しています。東京都GAP農産物は、限られた環境の中で創意工夫をして作られています。だからこそ他の地方にも負けない美味しい農産物ができるんです。

item_2-01.JPG
item_2-02.JPG

発見

採れたて野菜を新鮮そのものに使えることも東京産食材の大きな魅力!
今年度は、オンライン商談会とバイヤーツアーで
東京都GAP認証農産物の魅力をさらにアピールします。

出会い

昨年の出展で出会ったレストランとの取引は、
当園のブランド力向上につながりました。

voice_02.png

鹿浜つまもの農園
鹿濱 雅友 さん

(写真左)

farmer_002.jpg

ムラメ、ツルナなどを作り、市場を通して料理の細部までこだわりたいプロに提供しています。父と二人で農作業をしていますので、丁寧な仕事をすることに苦労はありますが、やりがいも感じます。ただ、「モノがいいのは当たり前」だけでなく、当園のブランド力を高めていきたい。東京都GAP認証によって安心・安全の野菜であることは伝えることができますが、一流店との取引による当園のブランド力向上も図っていきたいと考えています。昨年の商談会では「あの店が使っているならうちでもぜひ」と思っていただけるような店との出会いがあり、当園のブランドを高めるきっかけとなりました。

1.jpg
mm.png

直接お話を伺うと、農産物の価値が見えてきます。

voice_b02.png

食のショールーム・パルズ
代表 山崎 友香 さん

content_e38d61cc40bab049a39cf3f17800563b28526b1f.jpg

今回の商談会の特徴は、オンラインのメリットである効率的な面談ができること、そしてその際のコミュニケーションの不安をバイヤーツアーで払拭する機会があることです。バイヤーとして、「農産物の味・安全性」の確認は必須のこと。生産者さんに会って、話をして、ほ場を見て、そのこだわりが伝わる売場やひと皿にしていきたい、と考えています。東京都ならではの特徴を持つ農産物や生産者の方々との出会いと、家族やお客さまに提供されて、新しい「食の価値」が生まれることを楽しみにしています。

bottom of page